Company

VISION ~ 人類の”生きた証”を残す~

 

望もうが望むまいが、私たち人間は産み落とされ、その生涯をまっとうします。

短くとも長くとも、その生涯において、出会いや別れ、挑戦、失敗、歓喜と涙。いくつものイベントを体験して過ごします。

EncodeRing株式会社のミッションは「人の心に触れるプロダクトをつくり届ける」こと。それは世界中の人々が、人生の中で体験するイベントを、より魅力的に、より忘れがたいものにすることに他なりません。

誰かを愛すること、誰かに愛されること。別れを惜しむこと、別れを受け入れること。何かを疑うこと、何かを信じること。。。

そんな人生を歩む世界中の人々に寄り添い、その1歩1歩を素敵な瞬間にするお手伝い。それこそが私たちのすべきことであり、存在価値なのです。

ただ1点、「人の心に触れるプロダクトをつくり届ける」というミッションを果たすためだけに、柔軟でクリエイティブな企画力と、世界中に存在する様々なテクノロジーを応用し、カタチにして送り出してまいります。

時代が変われば技術も生活も変わります。私たちはそんな変化を敏感にとらえながら、当然のこととして新たな技術を受け入れ(たとえ既存の仕組みを壊すことになろうとも!)、何万年経っても姿を変えることのない「人の心」をノックし続けます。

 
 
 

MISSION ~心に触れるモノをつくる~

 

私たち人間が持つ心。

世界中の誰もが心を通じて、喜びや悲しみや、怒りや、幸せを感じています。

EncodeRing株式会社では、心に触れるプロダクトの価値は無限に広がっていくという信念のもと、表面的・機能的な価値にとどまらない、目に見えない情緒的価値に重きをおいた商品開発を行ってまいります。

 
 
 

VALUE ~価値観~

 

お客様に対する価値観
:Customer is Partner

私たちは弊社の商品を買ってくださるお客様や、これから買ってくださるお客様を大切なパートナーとして考えております。それは、「人の心に触れるプロダクトは素晴らしい」という想いに共感し、共に実現していく同士として考えるということです。

私たちのビジョンに共感してくださるからこそ、商品も購入していただけるし、その商品に対する姿勢や評価は何よりのメッセージとなります。

お客様を共にビジョンを実現するパートナーとして考えることで、商品やサービスの開発・改善、カスタマーサポートも含め、あらゆる行動をビジョンの実現へと直結させた一貫性のあるものにすることができるのです。
 
 
 

仕事に対する価値観
:仕事は人生を彩るためのもの

私たちもまた、限られた人生を歩んでおり、仕事はその中で体験するイベントのひとつにすぎません。プライベートで得られる体験と、仕事で得られる体験は別物であることが多く、だからこそ仕事には人生を豊かに彩る可能性が秘められています。

私たちの存在価値は、人の心に触れるプロダクトをつくり届け、その人生をより魅力的に、より忘れがたいものにすることにあります。これを果たすために、私たちは常に挑戦をしなければなりませんし、現在の自分を否定しなければならないこともあるかもしれません。

しかしながら、仕事を通じて実現される達成、そのための挑戦、失敗、苦しみ、喜びは、人生を彩るスパイスとして、その一生をよりコクの深い味わいに変えてくれるはずです。
 
 
 

商品開発に対する価値観
:人がすべて。最高から逆算する

商品開発においては、人間ありき。すべての商品やサービスは人の心を前提として生み出されなければなりません。すでに持っている技術や、流行っている技術は一切関係なく、まずは人が持つ心を出発点として構想を練り、それを実現する最高の手段を選択する際に初めて技術を検討します。

私たちはマーケティングを何よりも重視します。

 
 
 

決断に対する価値観
:唯一無二であること

ものやサービスが溢れる時代において、最も重要なことは、お客様にとって弊社の商品を購入することが最良の選択であると認知していただくことであり、そう認知していただくためのエッセンスを様々な箇所に散りばめることが不可欠です。

限られた経営資源の中で最高のパフォーマンスを実現するためには、お客様にとって最良の選択となる以外に道はなく、そのためにはあらゆる意思決定における基準を「果たしてそれが唯一無二につながる決断か」という焦点に絞らなければなりません。

世の中は変われど変わらない法則は必ず存在し続けます。喉が乾いたら水を飲む。味や色は変わっても、それは水分であり、私たちによって不可欠な存在です。私たちはお客様にとって、唯一無二の水のような存在を目指さなければなりません。

 
 
 

変化に対する価値観
:チャンスの源泉として歓迎する

人間は本能的に変化を嫌う傾向がありますが、ビジネスは変化を好むことがあります。変化によって生まれたひずみや隙間は、思わぬ形でチャンスとなることがあるのです。

私たちはビジョンの実現のため、変化を当然のこととし、受け入れ、新たな成長の機会として捉えていきます。たとえその柔軟さが、自らの存在を否定することになったとしても、実現すべきビジョンのため、乗り越えていきます。
 
 
 

社会に対する価値観
:まず人間として社会の一員として生きる

私たちはビジネスパーソンである前に、ひとりの人間です。ビジョンを達成するためには、まずは人間として社会と向き合って生きられるようでなければなりません。

例えば重要な商談まで時間がなく、駅のホームを走っていたとする。そこで苦しそうに胸を押さえて倒れこんでいる人を見かける。近くには誰もおらず、自分しか手を差し伸べることはできない。

そんな時は迷わず、商談をあきらめ、誰かのサポートを受けてください。理由は単純で、私たちはビジネスパーソンである前に、ひとりの人間だからです。人として胸を張れる生活を送っていれば、何も恥じることなく、迷うことなく、真正面から社会と向き合うことができます。
 
 
 

– 会社概要 –

会社名:EncodeRing株式会社

設立年月日:2016年9月14日

代表取締役:角村 嘉信

取締役:佐藤 悠大

取締役:下城 伸也

所在地:東京都渋谷区渋谷1-12-2クロスオフィス8F

資本金:3,280,000円

事業内容

  1. VRシステムの開発
  2. WebVR/3D/RTCの開発
  3. 各種映像・画像撮影と解析システムの開発
  4. VR/2D/3DCGコンテンツの制作
  5. アプリケーション開発/ハードウェア設計/サーバーの構築、運用、管理
  6. VR関連製品の販売及び輸出入
  7. アクセサリー、装飾具、靴等のファッショングッズの企画、製造及び販売
  8. 前各号に附帯する一切の業務