指輪のサイズ早見表と便利な測り方

リングを購入する時、気になるのがそのサイズ。

お店で購入する場合はリングゲージなどを使って測定することができますが、ネット通販などで購入する時、どのサイズがぴったりなのか心配ですよね。

今回はリングを安心して購入するための方法をご紹介します。

 

 

リングのサイズ一覧

まずはリングのサイズをまとめましたので参考までにご覧くださいませ。

 

号数 直径mm 円周mm
1号 13.0mm 40.8mm
2号 13.4mm 41.9mm
3号 13.7mm 42.9mm
4号 14.0mm 44.0mm
5号 14.4mm 45.0mm
6号 14.7mm 46.1mm
7号 15.0mm 47.1mm
8号 15.4mm 48.2mm
9号 15.7mm 49.2mm
10号 16.0mm 50.3mm
11号 16.4mm 51.3mm
12号 16.7mm 52.4mm
13号 17.0mm 53.4mm
14号 17.4mm 54.5mm
15号 17.7mm 55.5mm
16号 18.0mm 56.5mm
17号 18.4mm 57.6mm
18号 18.7mm 58.6mm
19号 19.0mm 59.7mm
20号 19.4mm 60.7mm
21号 19.7mm 61.8mm
22号 20.0mm 62.8mm
23号 20.4mm 63.9mm
24号 20.7mm 64.9mm
25号 21.0mm 66.0mm
26号 21.4mm 67.0mm
27号 21.7mm 68.0mm
28号 22.0mm 69.0mm

 

 

指のサイズを測る方法

自分のサイズを測る方法は、

  1. お店で測ってもらう
  2. リングゲージを使う
  3. 糸を使う

大きくこの3種類があります。

 

1 : お店で測ってもらう

アクセサリーのショップは指のサイズを測るリングゲージを用意しているところが多いので、お店に足を運んで指のサイズを測ってみましょう。

(ネットで購入したいリングをそのお店で取り扱っていない場合はすこし気が引けてしまうのが難点です。)

 

2 : リングゲージを使う

先ほども紹介しましたリングゲージ。

東急ハンズなどで取り扱っていますので、こちらを購入して測ってみると良いでしょう。

何回も使うものではないので購入するのはもったいない、という場合は、ネットショップによっては無料でリングゲージの貸し出しをしているところもありますので、サイトに問い合わせをしてみても良いと思います。

 

3 : 糸を使う

もっとも手軽な方法がこちら。

まずお手元に凧糸のような糸をご用意いただき、指に巻きつけます。(この時の感覚が実際にリングをした時のものと近い状態となりますので、きつ過ぎないかなどしっかりと確かめます)

 

次に重なっている部分にマーカーで印を付けます。

 

最後に糸を伸ばし、印の長さ(円周)を測ることでリングの号数を特定することができます。

 

糸がない場合はノートを細く切って巻きつけても良いですね。身近なものでお金をかけずにできますのでもっとも手軽な測り方ですね。

 

 

デザインによって着け心地が変わる

華奢なデザインや太いバングル状のリングなど、様々なデザインがありますが、それぞれのデザインによって着け心地が異なりますので、一概にこのサイズはこの指にぴったりと言えない部分があります。

これはスニーカーで例えるならブランドやデザインによってはき心地やサイズが異なるのと同じことです。

やはり理想は実物をしっかり試着してからサイズを選ぶことです。

 

 

EncodeRingなら無料でサンプルリングがつくれます

完全オーダーメイドのEncodeRingでは、実際のデザインから樹脂製のリングを希望のサイズで制作し、無料でお届けいたします。

実際に着けてみたい、完成イメージを手にとって確かめたい。そんな時はぜひお気軽にお申し付けくださいませ。実際のEncodeRingをご希望のサイズで作成いたします。

無料のサンプルをご希望の場合はEncodeRingのサイトにございますお問い合わせフォーム、もしくはチャットからご連絡くださいませ。

 
無料でサンプルリングをつくる

More Stories
テレビ東京 モーニングチャージで紹介されました